16 キャッチコピーの役割を考えてみる【教室集客WEB文章のコツ30】

教室集客ですぐに使える心をつかむWEB文章のコツ30

こんにちは。

飛常識な料理教室を創る 教室集客コンサルタント

高橋貴子です。

 

本日はWEB文章のコツ16ということで

「キャッチコピーの役割を考えてみる」

ということについてお伝えをしたいと思います。

16 キャッチコピーの役割を考えてみる パン・お菓子・料理 教室開業 横浜・東京

キャッチコピーというのは最も目立つもので、

目を引くものになります。

 

それを読んだ瞬間に

その下の文章を読むか読まないかを読者の方は決めていきます

 

メルマガにおいてもとても大切ですし、

ブログにおいてもタイトル欄はとても大切です。

 

このキャッチコピーには、

何を要素として入れなくてはいけないかというと、

一瞬見ただけで内容が伝わる文言です。

 

それから、
短い言葉の中で、特徴やメリットなどを書いていくと、

キャッチコピーとしてとても伝わりやすいものになります。

 

「おっ!」と思わせて、

その下を読んでもらう。

 

役割としては驚きがないといけません。

 

だから、
ちょっと誇張した表現や、

多少オーバーな表現でも

読む人気持ちを動かすためには、

意識して少し強めの言葉を考えて使うと良いと思います。

 

そんなことも意識してキャッチコピーを作ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました