6 WEB媒体のどこに使う文章なのかを意識する【教室集客WEB文章のコツ30】

教室集客ですぐに使える心をつかむWEB文章のコツ30

こんにちは。

飛常識な料理教室を創る 教室集客コンサルタント

高橋貴子です。

 

本日はWEB文章のコツ6ということで

「WEB媒体のどこに使う文章なのかを意識する」

ということについてお話をしたいと思います。

6 WEB媒体のどこに使う文章なのかを意識する パン・お菓子・料理 教室開業 横浜・東京

WEB媒体で文章がよく出てくるところは大きく分けて3つあって、

ブログホームページFacebookです。

 

他にも Twitter や インスタグラム(Instagram)などがありますが、

行数が少ないこともあって

それほど文章構成を考えて書くほどの内容にはならないので、

いったん省略をします。

 

ちゃんとボリュームをもって書かなくてはいけないのは3つの媒体です。

ブログなのか

ホームページなのか

Facebookなのか

それぞれに書き方や読者の属性の違いがあります

 

発信しようとしている文章は

どの媒体で発信する文章なのかということを意識してください。

 

また、
外向きのWEB調とはまた少し違いますが、

メールマガジンというものもあります

 

こちらは、より親密度が増すので、

文章の書き方がちょっと変わってくることがあります。

 

その媒体を意識して文章を書いていくと、

それぞれのお客様の属性が違う場合に、

それぞれにピンポイントで心に響く文章が書けるようになっていきます。

 

そこをあらかじめ意識していただくと良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました