7 教室集客を加速させるホームページのメタタグとは?~メタキーワーズとメタディスクリプション~【教室集客SEOポイント21】

初めてでもよくわかる教室集客に強いSEO対策のポイント21

こんにちは。

飛常識な料理教室を創る 教室集客コンサルタント

高橋貴子です。

 

本日はポイント7ということで

「教室集客を加速させるホームページのメタタグとは?」

というお話をしたいと思います。

ポイント7 教室集客を加速させるホームページのメタタグとは?〜メタキーワーズとメタディスクリプション〜 パン・お菓子・料理 教室開業 横浜

タイトルタグというものについてお話をしましたが、

それ以外にも「メタタグ」というものがあります。

 

「メタタグ」には2つのものがあるのですが、

それらをきちんと設定することで、

集客がしやすいページを作っていくことができます。

 

まず1つめが「メタ・キーワーズ」といって、

その言葉のとおり、いくつかのキーワードです。

 

例えば私の教室では

「天然酵母,横浜,パン教室」がメタ・キーワーズになります。

 

だいたい3個くらい、

ちょっと多くても5個くらいにおさめるのが良いといわれています。

 

あまりたくさん入れてしまうと、

それぞれのキーワードの力弱まってしまうので3個くらいが適当です。

 

「パン教室」という業種、

「天然酵母」をやっていること、

そして地域名が入って、

これらが大事なメタ・キーワーズになります。

 

そして、もう1つのメタタグは、「メタ・ディスクリプション」というものです。

こちらは説明文になります。

 

例えば、
私のアトリエ・リブラという教室を検索してみると、

Googleなどの検索結果のページにアトリエ・リブラのタイトルが表示され、

その下に説明文が出てきます。

 

私の教室の説明文としては、

「横浜の7つの天然酵母パン作りを少人数で丁寧に教える教室、

Atelier Libra~アトリエ リブラ~。

他のパン教室には無い成型のかわいらしさが自慢です。

40代から始める大人女性のおしゃれなパン作り。

リピート率93%の横浜パン教室」

という表示になっています。

 

これがメタ・ディスクリプションです。

 

キーワーズとディスクリプションの2つをきちんと設定することによって、

その教室に来たいと思う生徒さんをきちんと呼び寄せることが出来るようになります。

 

だから、タイトルタグも大切ですが、

「メタ・キーワーズ」と「メタ・ディスクリプション」も重要です。

 

こちらも意識して記入をしていくと良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました