私が4つのビジネスを同時に回し続ける理由【教室開業・集客講座|横浜東京】

ブランド

こんにちは。

高橋貴子です。

 

今日は偶然こんな記事を見つけたんです。

 

4つの肩書きを同時進行する福山雅治

 「もう、ひとつの仕事にこだわり続ける人に未来はない。」

 

というなんとも刺激的なタイトルで(笑)

 

全文はこちらからご参照ください http://lrandcom.com/fukuyama

 

少しだけ中身を抜粋でご紹介しますね。

 


普通、メディアに出る著名人というのはその人が俳優であれ、歌手であれ、もしくは経営者などの複数の肩書を持っていたとしても、「この人は◯◯の業界で活躍する人だ」という何となくイメージがついているのが普通です。

ビジネスの世界でも金融のプロや飲食のプロなど、国境が無くなり、世界の50億人がインターネットで繋がる世の中では、労働市場で高く評価され続けるために、それぞれの専門的な知識を身に付け、「私は◯◯のプロフェッショナルです」と胸を張れるようになることが、大切だという声がよく聞こえてきます。

しかし、著名人の代表格とも言える福山雅治のプロフィールを見てみると、シンガー・ソングライター、俳優、ラジオパーソナリティ、そしてカメラマンなど書かれており、専門化するどころか、逆にジャンルをどんどん広げながら、それぞれの分野の知識や経験が相互に上手く影響を与え合うことで進化していき、ソロミュージシャンとしては、アルバムとシングルの総合売上枚数は歴代1位、出演するドラマは常に話題になり、ラジオでは「とってもエッチで、軽薄なところもあるけど、リスナーの悩みには真剣に答えてくれる」と言われるなど、福山雅治という世界観はとどまるところを知りません。

(中略)

福山雅治も一つの分野に囚われず、レベルアップしていく生き方を次のように語ります。

「ただデビューした21歳のころは、40歳になったら、ミュージシャンにしろ、俳優にしろ、完成された固まったものになっているとは思ってましたよね。でも、いざなってみると、固まっていたくはないなって。」

「男子というものは“こだわり”なるものに美学を感じたりする時期があるわけですよ。ひとつのことをひたすら続けている姿勢こそが、人生において美学を持って生きている男の生き様だ、と。」

「でもじつは物事を前に進めていくためには、柔軟で吸収力がある状態でないと、進化しないと思ったんです。“ライク・ア・ローリングストーンズ(転がる石ころのように)”といいますか、まさに変化していっている人ほどチャーミング。ぼくもそうありたいと思います。

(中略)

これからの時代は、岡本太郎が悩んだような「2つの道からどちらかを選択する」といったような危険な賭けをするのではなく、リスクを最小限にして、自分の好きなことを思いっきり楽しみながら、生きていける時代になっていくことでしょう。

福山雅治の多彩な活躍を見ていると、なぜかそんな感じがしてしまうのですが、むしろある分野の専門化やプロフェッショナルになってしまう方がとても「危険な道」に見えてなりません。

福山雅治の歌のように「もっと自由に、Let’s dance, dance, dance」、たぶんこれが次の時代のキーワードなのではないでしょうか。

 


 

まぁそんな内容なのです。

 

■では、高橋貴子の場合には?

 

ちなみに私も今は4つの事業を同時に動かしています。

 

・パン教室アトリエリブラ http://a-libra.com/

・電子書籍スクール リプラス http://liplus.net/

・教室開業スクール Living起業アカデミー http://c-libra.jp/

・ルノルマンスクール ルノルマンクリエイション http://l-creation.net/

 

そうですね、、福山さんがおっしゃるように私もやりたいことを広げていたらそうなった、みたいな感じです。

創造力 というのは未来で活躍できるひとつのキーワードになってて、

これからは「スーパージェネラリスト」とかが台頭してくる時代になるのかもしれません。

 

 

一時期、

「とにかく肩書きはひとつ」

「何者か一言で現せ」

という流れがあって(あ、もちろん今でもそれはありますけど)

 

私も事業展開を絞ろうとしたんですが、絞りきれなくて(笑)

それを包括するLibraCreationを上に作ることで落ち着いたって感じでしょうか?

 

飛常識な未来をデザインする 女性のためのリーディングカンパニー

 

なら、ある意味なんでもやったっていいんじゃない?(笑)的な。

 

会社を作ったことで何かむしろ気楽にいろいろなことに取り組めるような気がしています。

 

たとえば会社の定款にはこんなことが書いてあります。

 

1.各種教室の企画、運営

2.教育事業

3.マーケティング、プロモーション等を利用した起業支援事業

4.電子出版物の企画、編集、出版業

5.通信販売業

6.各種商品、レシピ等の企画、制作、販売及び輸出入

7.各種セミナー、イベントの企画、運営、実施、管理事業

8.会員組織の企画、運営

9.各種コンサルティング事業

10.労働者派遣法に基づく労働者派遣事業

11.職業安定法に基づく有料職業紹介事業

12.前各号に附帯関連する一切の事業

 

そのうち、TAKAKO ブランドの化粧品とか、

TAKAKOブランドのキッチングッツとかも作っちゃったりして(笑)

 

すごーく会社が儲かったら(笑)社会貢献的に

教室運営を自宅でできない人のための都内のおしゃれな

レンタルキッチンスタジオを格安で借りれるような物件を私が持つとか、、

そういうことだって
おぼろげながら考えてみたり、、。

 

 

 

あ、でもいろいろなことをやったって、ひとつのミッションは変わりませんよ。

 

女性の経済的、精神的自立をサポートする。

「自由」が行動のキーワードであることはかわりありません。

 

そして福山雅治さんの意見にとても共感しますね。

一時期は自分の得意を一つに絞る事を努力してみた事もあったけど、

今は伸び伸びと同時に4つを好きなように同時に回す事でそれぞれに相乗効果が出ています。

 

色んな業界の色んな知識を取り入れて、

常に新しいものを時代の変化に合わせてイノベーションしていく。

 

これもこれで高橋貴子としての私のブランディングなんだと、今は胸を張って言えるのです。(^^)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました