束縛を脱いで自由を着る【教室開業・集客講座|横浜東京】

マインド

 

「束縛を脱いで自由を着る」

 

なんかこのフレーズ気に入っちゃいました。(自画自賛)w

 


 

こんにちは。

高橋貴子です。

 

今日のタイトルのベースになる記事があったんです。

それはこちら。

snapcrab_noname_2016-9-25_19-19-47_no-00

朝日新聞デジタル&w(アンド・ダブリュー)
朝日新聞デジタルのウェブマガジン「&w」(アンド・ダブリュー)は、女性に贈るライフストーリーマガジンです。

<朝日新聞 デジタル より>

 

この中のポイントの文章を一部抜粋しますね。

 

******************************************

ニューヨークで活躍する94歳のファッションアイコンや、88歳の現役スーパーモデル……。また熟年女性のストリートファッションの写真集など、年齢を超えて活躍する女性の生き方がいま、若い世代も含めた多くの人からの注目を集めている。そんな中で、西武・そごうは熟年世代に向けて「年齢を脱ぐ。冒険を着る。」をコンセプトに、ファッションの新しい運動「アドバンストモード」をこの秋から本格的に始動した。

****************************************

「年齢を脱ぐ。冒険を着る。」

ってかっこよくないですか?

 

こんなに切れ味のあるコピーではないのですが、

この切り口が気に入ったので

自分ならどんな表現できるのかな~って考えたら

 

 

「束縛を脱いで自由を着る」

 

がいい感じに思えたんです。

 

ここでいう束縛は、何もほかの人に縛られていることだけではないんです。

 

「自分で自分を縛っている」=「既成概念への固執」

 

ということもありますので。

 

そこが外れるとずいぶん自由になります。

 

発想もいろいろと広がりますから(^^)

 

例えば自分の中で限界を感じると

それ以上にはアイデアも行動もひろがりません。

 

 

でも自分の環境とか資金の状態とかそういうことは別として

「こうしたい!」という気持ちがあると

 

いろいろなアンテナが張り巡らされて

思いもかけないところで援助があったり

協力者が現れたりすることがあったりします。

 

自力で限界を感じるときは

他力を借りる(笑)

 

これ、ここ数年で私自身も学んだことです。

 

完全主義者、人に頼るのが苦手、

責任感が強い人ほど

 

「ねばならない」

 

という観念に縛られがちです。

 

 

だから、私自身への自戒もこめて

 

「束縛を脱いで自由を着よう」

 

を本日のメッセージにしたいと思います。

 

 

%e7%ac%91%e3%81%86%ef%bd%97%ef%bd%85%ef%bd%82

コメント

タイトルとURLをコピーしました