ものごとはなんでも「かんたんに!」がいちばん♪【教室開業・集客講座 横浜・東京】

マインド

0009_xlarge

 

こんにちは!

高橋貴子です。

 

「苦労は買ってでもしろ」

という言葉を聞いたことありますか?

 

たぶんありますよね。w

 

辞書で引くとこんな意味です。

 

若い頃の苦労は自分を鍛え、必ず成長に繋がる。苦労を経験せず楽に立ちまわれば、将来自分のためにはならないという意味。
「苦労」は「辛労」「難儀」「辛抱」とも。

先日、過去のエピソードをこんな記事として載せましたが、

私自身はあの時代を別に苦労とは思ってなくて、

(もちろん、つらい部分はありましたけどねw)

 

そうしなければならないと感じて、

自分で選択しただけのことだったと今ならわかるので、

苦労という言葉は実はピンと着ていないのです。

 

その経験を経た私がその40歳を超えて気づいた

もっとすばらしい成功法則があるんです!!(笑)

 

なんだと思います?

 

 

ききたいでしょ?(笑)

 

 

それは、、、

 

 

「かんたんにやる」

 

 

という言葉です。(^^)

 

 

たとえば本日のタイトルですけどね、

全部 「ひらがな」にしてみました。(笑)

 

例えば、これが漢字になるとこんな見え方になります。

 

“物事は何でも「簡単に!」が一番”

 

ひらがなよりもなんだか難しそうに見えませんか?

 

いやーー、かなりハードルが高そうな気がします。(^^)

 

だから、実はWEBサイトのコピーライティングなどでは

「かんたんに」ということを伝えたいときは

ひらがなを使うことも多いです。

 


■ブログ1000本 動画1000本はかんたん?!


 

あなたがもしも、

 

「ブログ1000本、動画を1000本アップしてくださいね」

といわれたら、どう思いますか?

(※というか私の生徒さんには普通にお伝えしていることだったりもしてますけど)

 

まぁ普通に考えるとかんたん!って気はしませんよね(苦笑)

 

でも例えば 

 

・1日1本 

 

であれば、

 

365日で365本です。

 

3年で1000本は達成しますよね。

 

ちなみに、私、1ヶ月で動画を250本アップしたことがあります。あはは。

 

これは、ある意味ゲーム的にチャレンジしなくてはならない状況になって

やってみたことなのですが、、

結果として1ヶ月ギリギリでしたけど、やりきりました。

 

 

そうすると、今まで1ヶ月100本をがんばっていたのが

250本をやった後だと楽に思えて(笑)

 

その後、1日で50本の動画を作るとか、そんなことができるようになりました。(笑)

そしたら2日で100本出来ました。

 

なぜそんなことができたのか、と考えてみると、

 

おそらく、それは

 

「自分の限界の認識の書き換え」

 

が起こったなのではないかと。

 

「1ヶ月250本よりも1ヶ月100本は簡単!」という意識の変換。

 

自分で決めてた限界の概念を外すとかんたんに物事が進むようになります。

 


■かんたん!のススメ


何かをしようと思うときに

今までの自分の経験から

 

・これは無理

・これはダメ

 

と決めるとそれ以上に動けなくなる人がとても多いです。

 

・こうすればもしかしたらできるかも?!

 

みたいな

”かんたんにできちゃう思考”で動くと

物事はかんたんに動き始めます。(^^)

 

いろいろな生徒さんを見ていると

自分で自分のハードルあげてるなーーーという思う人がいます。(苦笑)

 

私なんかは新しいやったことないことやるとワクワクします。

トップの写真も友人にプレゼントされたパンに文字入れという初めての体験。

楽しかったですよ。^^

 

遊びも仕事も同じ感覚だと

仕事が仕事じゃなくなるので

楽しくさらっとできちゃいます。

 

成功法則のコツは

 

「かんたんにかんがえる」

 

と、あえてひらがなでお伝えしてみます。

 

 

「がんばらなくちゃ!」を 

「かんたんにやってみる」

 

という風に意識を変換すると

行動がずいぶん加速するような気がします。

 

ぜひ、このイメージをお試しあれ♪

 

(こんな感じです。笑)

IMG_9607_RIMG_9595_R

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました