言葉の品格【教室開業・集客講座|横浜東京】

マインド

SnapCrab_NoName_2016-9-7_23-17-27_No-00

 

こんにちは。

高橋貴子です。

 

みなさんはマザーテレサのこんな格言をご存知でしょうか?

 

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

 

「思考は現実化する」という言葉もありますが、

運命=自分が作り上げた現実世界の環境をあらわすのではないかと思っています。

 

今日はこの中の

 

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。」

 

というところに焦点をあててお話したいと思います。

 


 

みなさんは言霊のパワーは信じますか?

 

私は言葉の力はすごいものがあると思っています。

 

例えば、ネガティブな思考の人は、ネガティブな言葉を使い、

人も離れていきます。

 

ポジティブな思考の人は、ポジティブな言葉を使うので

人も寄ってきます。

 

人は明るいところがすきなんです。

 

あなたも、そんな経験ありませんか?

 

その人のそばにいるだけで元気になれる、そんな人です。

明るいオーラに包まれてますよね。いつもにこやかですしね。

 

発言も心から明るい気持ちで話している人が多いです。

 

もちろん、思考がベースになるのも間違えないのですが、

言葉を明るく気持ちのよい言葉を使うことによって思考が明るくなるという話もありますね。

 

だから、見せかけの姿ではなくて本心から明るい言葉を使うとそういう行動になっていきますね。

 

私は、言葉には品格がある

 

と思ってて、。

 

使う言葉はその人の人格も形成してしまうと思っているのです。

 

だから汚い言葉を使うとやっぱり性格も悪くなっていってしまうし、

そんな言葉を吐いているときの顔って鏡で見ることができたなら、

きっとそういう顔になってます。

 

容姿端麗、顔もスタイルも外見がバッチリの女性が

ちょっとイライラすることがあって「チッ」とか舌打ちする姿は

やっぱり残念だな~と思います。

 

だから、教室の先生をやっている人は特に

 

「思考と言葉」 には注意したほうがいいと思います。

 

ふとした瞬間に、思わず出てしまう言葉は取り繕いようがありません。

汚い言葉や、ネガティブな言葉を使っていると行動に反映されて

それが習慣化されてしまいます。

 

素のままの自分が安定して、喜びと感謝を感じて生活できていると

自然と生徒さんや周りの人にも大らかなオーラで包むことができます。

 

だから、言葉の品格を意識して

言葉は丁寧にきれいに使っていくことを

心がけたいと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました