20 フィルターを上手に使うコツ【教室集客WEB写真のコツ21】

教室集客に効果的なWEB写真の魅せ方のコツ21

こんにちは。

飛常識な料理教室を創る 教室集客コンサルタント

高橋貴子です。

 

本日は、WEB写真のコツ、その20ということで

「フィルターを上手に使うコツ」

というお話をしたいと思います。

20 フィルターを上手に使うコツ パン・お菓子・料理 教室開業 横浜・東京

一眼レフのカメラでもメーカーによってどういうフィルター)があるのかは違います。

例えばキャノンの場合は、ピクチャースタイルといって

スタンダード、

ポートレート、

ニュートラル、

など、いろいろとフィルターが付いています。

※キャノンのピクチャースタイルの説明はこちらから

キヤノン:ピクチャースタイル/概要
ピクチャースタイルの概要についてご紹介するページです。

 

 

それをピッと操作してセットすると、

例えば
鮮やかさが増したり

メリハリの付いたものに出来たり

写真を撮る段階のカメラ側でそれが出来てしまう

というフィルターが付いています。

 

フォトショップなどのアプリケーションを持っていて

画像加工をパソコンでやるという人は

カメラの中でやらなくてもいいのですが、

 

さっと撮影して、

それを後でパソコンで加工するのでもいいですが、

すぐにホームページ等にアップするときに

フィルターがあるということを知っているだけでも

写真の表現がかなり変わります

 

自分でも、

彩度やコントラストを調整して

オリジナルフィルターを作っていくことも出来きます。

 

だんだんと慣れてきたら

自分が表現したい内容に合うのはどのフィルターなのかと

試しながらやってみていただくと、

より自分らしい表現が出来ていくのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました