11 トップページに打ち出すべき内容とは【教室HPの作り方24】

生徒さんがどんどん集まる教室のHPの作り方STEP24

こんにちは。

飛常識な料理教室を創る 教室集客コンサルタント

高橋貴子です。

 

本日はステップ11ということで

「トップページに打ち出すべき内容とは」

ということについてお話をしたいと思います。

Step11.トップページに打ち出すべき内容とは

前回で、ホームページの中においてトップページがどれだけ大切かというお話をしました。

そのトップページにあるパーツで、

グローバルナビという一番上に項目などが並んだところがあります。

 

私のパン教室のサイトでも上の方に並んでいます。

 

snapcrab_noname_2016-9-22_20-59-32_no-00

 

そのグローバルナビに載せるべき項目はどんなものかというお話をしたいと思います。

 

まず絶対に載せてほしいものが4つあります。

 

1つめは、
教室のコンセプトと、教室がやっているコースの内容です。

 

どんなコースをやっているのか、

どういう講座を持っているのかという、

教室のコンセプトとコースです。

 

それから、2つめが
先生自身のプロフィールです。

 

先生のプロフィールは意外と読まれます。

グーグル・アナリティクスという無料の解析ソフトがありますが、

これで自分のホームページの解析結果を確認していると、

最初にトップページを見て、

その後でコースの内容を見て、

その後でだいたいプロフィールを見ているということが多いです。

 

だから、
先生のプロフィールが実はすごく大切で、

経歴そのものというよりも、

教室にかける思いや、

どういう気持ちで自分は教室をやっているのかということなどを

書いておく必要があります。

 

3つめは、
お客様の声です。

 

お客様の声については、

実際にまだ開業をしていない場合には
プレ・レッスンなどをやって声をいただくという必要がありますが、

実際に体験した人の生の声というものがやはりもっとも他の生徒さんに響きます。

 

だから、
できれば写真付きでお客様の声を掲載します。

私の場合には、さらに可能であれば動画でお願いをしていたりします。

 

そのあたりでしっかりと掲載していくと似たような属性の生徒さんに来てもらいやすいです。

お客様の声は必須です。

ホームページの導線の中で、コースを見てからお客様の声を見るという方は非常に多いので、

これを載せるのはとても大切です。

 

そして4つめに、
アクセスです。

 

教室への集客の場合には地域店舗ということが多いです。

だから教室への集客にはアクセスというものも非常に大切です。

 

そして、
どこでやっている教室なのかということをタイトルに入れることも大事な要素になってきます。

 

例えば、
私の場合は綱島というところで教室をやっているので、

「横浜・綱島」という2つの地名を載せていますが、

大きなくくりでは「横浜」にしています。

 

それから、
例えば白金とかの方面になると
「白金の教室」というふうにされる方もいらっしゃいますが、

もう少し広いエリアで探す場合には
「東京」というキーワードが必要になるケースがあります。

 

そういった地域名のキーワードにプラスして、

どこにあるのかということを分かってもらうためにアクセスが必要です。

 

これらの4つが最低限で載せるべき項目になります。

 

特に、お客様の声がなかなか集まっていないという方も多いですが、

お客様の声を集めていくというのもポイントとして考えていただけると良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました