レッスンの形態【教室開業18】

飛常識な教室創りファーストステップ31プログラム

みなさん、こんにちは。

飛常識な料理教室を作り出すLiving起業プランナー、高橋貴子です。

 本日は、

「レッスンの形態」

についてお話をしていきたいと思います。

10-先生のプロフィール Living起業アカデミー 飛常識な料理教室プランナー 高橋貴子

まず、その1、
コースレッスンについてお話をしていきます。

 

私の教室ではコースレッスンとイベントレッスンと、
2つを立ててあるんですけれども、
コースレッスンの方が生徒さんは多いです。

 

私も個人的にはコースレッスンのほうが好きなんです。

 

コースレッスンの良いところは、
1つのテーマに沿ってコースを組みやすいので、
慣れた生徒さんが毎回来てくださってとても仲良くなれるということ、


その上達を期待していらっしゃる方に
応えるようにレッスンを作ることができるので、
一緒に作り上げていくような感じがあることです。

非常にメリットとして大きいかなと思います。

 

逆にデメリットとしてはお値段が高くなるので、
お申込みのハードルが上がります。

 

あとは日程的な部分で振り替えが
どうなるのかというところがあるので、
生徒さんも本気の方じゃないと
なかなかコースというのは来れなかったりします。

 

私の生徒さんはわりときちんと通ってくださる方が多いです。

 

ただ、自分のスケジュールも6ヶ月先まで縛られます。

 

今これを録画しているのが5月なんですが、
6、7、8、9、10、11、12とか、
そういったスケジュールになっていくので、
けっこう先の自分のスケジュールを
好きなようには入れられなくなります。

 

その辺りの、
ご自身のライフスタイルと合わせてコース制が良いのか、
単発性が良いのか、


ということを考えていかれると良いと思います。

 

集客のことを考えると、
1回で6回分が入るというのは
非常にラクな部分もあります。

 

そこの部分と考え合わせて、
どちらが良いのかということを
ご自身のスタイルに合わせて検討してみてください。

—————————————————————

今すぐ開業の悩みを解決したいと思ったら
「迷える子羊救済セミナーへ」
http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/2411

———————————————————–

404 NOT FOUND | パン・お菓子・料理教室 開業集客講座&コンサルティング|横浜・東京・大阪zoom全国対応
40才からWEBと経営を学ぶ教室起業スクール|事業を3倍飛躍させ 6ヶ月で月商50万・10年続く教室の基礎作り

コメント

タイトルとURLをコピーしました