教室の生徒さんは何人くらいが適当か【教室開業24】

飛常識な教室創りファーストステップ31プログラム

みなさん、こんにちは。

飛常識な料理教室を作り出すLiving起業プランナー、高橋貴子です。

 本日は、

「教室の生徒さんは何人くらいが適当か」

についてお話をしてみたいと思います。


これは、レッスンをどうやっていきたいのか、
お部屋の広さがどれくらいなのか、
ご自身で受け入れられる技量、
それによって人数の設定がぜんぜん変わってきます。 

 

ちなみに私の場合は
オーブンの都合があって4名、
ものすごく頑張って6名、
そういった感じでやります。

 

私の知っている中には、
オーブン2台あって
発酵器も3台あって、
普通に6名や8名でっていう教室を
やられている先生もいらっしゃいます。

 

ですので、
私は人数を増やしたいというときには2回転、
午前と午後という形でやったりします。

 

ご自宅でやっていて、
ゆったりとしたペースでやりたいとか、
しゃべるのもそんなに大勢の人に対しては
得意じゃないという人は、
やはり2人や3人でという感じで
やられるケースもあります。

 

偶数が良いのか奇数が良いのかというのも教室に
よっていろいろと違うみたいで、
奇数だと誰か1人が少し浮いた感じになってしまうから
偶数でやっているという話も聞きます。

 

その辺りはご自身の教室運営に合わせて、
どんな形が良いのかというところで
人数を決めていかれると良いと思います。

今までうかがっていると2か3というのが多いです。

ちょっとスタジオみたいな感じのところで
4、5、6というところになってくると思います。

 

広さと、
自分の技量と、
接客できる状態、
というので人数を決めていかれると良いと思います。

—————————————————————
今すぐ開業の悩みを解決したいと思ったら
「迷える子羊救済セミナーへ」
http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/2411

———————————————————–

404 NOT FOUND | 高橋貴子公式サイト|パン・お菓子・料理教室 開業集客講座&コンサルティング|横浜・東京・大阪・全国対応
40才からWEBと経営を学ぶ教室起業スクール|事業を3倍飛躍させ 6ヶ月で月商50万・10年続く教室の基礎作り

コメント

タイトルとURLをコピーしました